サイトへ戻る

<AYATORI 3周年記念>

1アカウント(1名)1年間無料提供

キャンペーンを実施します!

ブランド運営のMD/生産/企画業務をDXし

生産性向上を可能にします

· News

ブランド運営マネジメントツール「AYATORI(アヤトリ)」を運営する株式会社DeepValley(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:深谷 玲人)は、リリース3周年を記念し、ブランド運営者のMD/生産/企画業務のデジタル管理を実現し生産性向上に貢献するため、期間限定でAYATORIを1アカウント(1名)1年間無料提供します! 

 

AYATORI (アヤトリ)はD2Cブランドから大企業まで規模を問わず幅広くご利用いただいているブランド運営マネジメントツールです。MD設計、企画、生産、発注業務などブランド運営に必要な情報をデジタル一元管理し、さまざまな帳票を1クリックで作成できます。商品マスタはECやPOSなどへ転用し一気通貫デジタル化を実現するブランド運営を効率化するSaaSです

■キャンペーン概要

AYATORIのリリース3周年を記念し、1アカウント(1名様)のご利用料金を1年間無料提供いたします

2022年3月31日~6月30日まで

■受付方法

以下よりお申し込みください

■AYATORI画面イメージ(抜粋)

■AYATORIの主な機能

・商品展開構成(MD)業務向け

MDMAP(たこやき、短冊)という業界特有の製造商品管理表を作成することができます。

紙やエクセルではなくクラウドで管理いただくことにより、場所を選ばず業務にあたることができ、リアルタイムでのブランド内共有が実現できます。

MDMAPのみならず、店頭投入予定表(デリバリースケジュール、投入計画表)のデジタル管理できます。

・企画業務向け

仕様書の蓄積はもちろん、絵型や企画アイデアも蓄積することができます。

蓄積したアイデアはMDMAPへ連携できるため、作業負担を軽減しクリエイティブな業務に専念していただけます。スマートフォンのカメラロールから直接アップロードすることも可能です。

・EC業務向け

商品製造工程においてAYATORIに蓄積された製造データをSKU別(商品マスタ)にCSVデータにて出力することができます。

Shopifyをはじめとしたご利用のECプラットフォームやPOSなど出力データをアップロードすることで、商品登録に要する時間を劇的に削減できます。

・生産業務向け

製造予定商品にひもづくあらゆるデータを蓄積できます。これにより進捗を把握することはもちろん、MDや企画、ECなど別部門への共有や連携がシームレスにできるようになります。

社内のみならず、社外のメンバーや仕入れ先とのコミュニケーションも一元管理できるので、コミュニケーショントラブルも軽減します。

 

今後の開発予定やその他機能紹介、システム連携などを行いPLM化も可能ですので、お気軽にお申し付けください(別途開発に伴う費用が発生する場合がございます、ご了承ください)ご興味ございましたらお気軽に以下よりご連絡いただけますとご紹介させていただきます。

※本件はブランド運営者のみに向けたご案内となっており、お申込み後に弊社にてブランドの運営状況のご確認をさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

「AYATORI」は今後も、アパレル業界のDXを実現するためのクラウドPLMプラットフォームを目指し、多方面より支援できる体制を整えて参ります。

【株式会社DeepValley】

代表者   : 代表取締役 深谷玲人

本社所在地 : 東京都渋谷区東2-23-8 渋谷MMIビル2F

設立年月日 : 2018年5月

資本金   : 5,046万円(準備金含む)

URL    : https://www.deepvalley.co.jp(コーポレートサイト)

事業内容  :アパレル製造マネジメント SaaS「AYATORI」の開発・販売、ファッション産業への IT 導入支援、ファッションブランド開発 / 運用サポート

AYATORIは、日本国内およびその他の国における株式会社DeepValleyの登録商標または商標です。

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK