Return to site

ファッションテック企業としてのカスタマーサクセス

· DeepValley

こんにちはDeepValleyの増田です。

弊社はファッション×Techを推進し、自社でもプロダクト開発を行なっている、ファッションテック企業です。

以前よりこのBLOGでもいくつか、[ファッションテック]について触れてきました。

BLOGでも書いている通り、これからの繊維・ファッション業界にテクノロジーの力が必要という事は間違いないと僕らは思っています。

その一方で、闇雲にどんな企業にもという風に推進している訳でもありません。

[ファッションテック]って言葉の響きがなんとなくかっこいいじゃないですか。

社会的にも意義がありそうだし、トレンドワードにもなっています。

でもそんな言葉に乗っかって、なんとなく良さそうで導入してもらい、自分達の立ち位置を明確にせずに曖昧に関わり続けることは、自分達にとっても導入してもらう企業にとっても迷惑な話になります。

多くの企業に導入されていればプロダクトがいいとも限らないし、極論[ファッションテック]がなくてもできることはあるからこそ、カスタマーサクセスという面から、大切にすべき観点は実現可能かつ継続できる約束をすることだと思っています。

「ファッションテック」への拘りはない

僕は様々なブランドに携わってる中で、「このまま同じ様な思考や、同じ様なやり方を繰り返していても売上が取れなくなっていく」と言う想いが、[ファッションテック]に興味を持った原点ですが、これらを突き詰めて行くと、自分の視野の狭さに気づきました。

 

いろんな企業の事を調べていくと、ひとくくりに[ファッションテック]と言っても色々なアプローチがあります。

 

ではなぜ、僕は[ファッションテック]に関わっているのかと言うと

 

僕はアパレル業界でも川下の業界を中心としてきたんですが、今まであまり直接的には関わりのなかった、縫製工場さんや、OEM/ODMメーカーさんとも深く関わる様になり、全然知らなかった様な知識も知ることができていて、それが嬉しいです。

他にも理由があって、様々なサービスが普及し、今では誰でも気軽にブランドを始める事もできます。

選択肢が広がり、今までの様にどこかの企業に入って、売場や先輩のアシスタントなど下積みしてコツコツとではなく、他業種からパッと入って来て成功するパターンも増えてきていて、業界は縮小傾向でもプレーヤーだけは増え続けています。

そう考えた時に、いかに自分の知見を広げるかが、これからアパレル業界でやっていくには必要と思いました。

その様に僕自身はそもそも[ファッションテック]に拘っているわけでもなくて、他の業界にも目を向けながら新しいトレンド・新しい人・新しい考え方・新しい仕事を知った上で、「自分がファッションを仕事にしているうえで何を提供出来るのか」を考えています。

それが煩雑化している生産工程の煩わしさからシステムを使い解放することが、繊維・ファッション業界の役に立つと思っていて、[ファッションテック]はその手段であり、カスタマーサクセスのゴールは「ファッション」の活性という部分です。

ファッションテックへの興味だけならやめておいた方がいい。

前述した通り、僕は[ファッションテック]に関わらず、自分が知っている知見を提供する事がソリューションになればと考えています。

ご周知の通り、アパレル企業は老若男女に向け様々な商品があり、それぞれ強みも本当にバラバラですし、抱えている課題も企業ごとに全く違います。

だからこそ「まずは相手のことを理解しよう」という姿勢が大切と思っています。

たとえ自分達のやりたいことがあっても、それが実際に企業とマッチするかなんてわかりません。

だからこそ、まずは企業のことやブランドのことをたくさん聞くことが大切だと思っています。

どういう風に製造されていて何を強みにしているのか、今現場はどんな状況なのか。

一方で導入する側も自分達が肯定的でいないとダメです。

無理やりトップダウンなんかで導入しても、現場は絶対に気持ちも乗らないから継続しません。

使用者が明確に価値を感じる部分と、抱えている課題が重なるからこそ可能性があります。

だからこそ「ファッションテックがいいんでしょ」「このシステム皆んな使ってるね」ぐらいに考えているうちは始めないほうがいいです。

カスタマーサクセスとして「やってあげている」というスタンスになったらお終いと思っています。

 

「テック化の一歩をやってあげている」とか「ブランドのためにやってあげている」みたいなことを思ってしまったら、本当お終いだと思っています。

導入してもらえているからこそ、提供する自分たちが主体的に企業やブランドについて考えます。

ブランドによって魅力も課題も求めていることも全く違うことを踏まえ、時にはブランドのお店に足を運んだり、その商品に触れる事で見えてくる魅力や課題を把握し、新しいアイディアを考えて提案していきます。

 

社外であるからこそ誰よりも企業の味方になって、社内の人と一緒に課題解決をしていく必要があると思いサポートさせて頂いています。

AYATORIで解決できるのなら一緒にやりましょう

自分たちのシステムが万能とも思っていませんし、できない事も多々あります。

ただ「製造トラブルを0にする」という部分に関しては特化しています。

そして提供後は全てをお客様に委ねてしまう事もありませんし、お客様と並走しながら、真摯に取り組むからこそ課題解決に繋がると考えています。

そこまでがAYATORIにおいてのカスタマーサクセスです。

ファッションテックという言葉でなく、AYATORIというシステムを知った上で解決出来る課題であれば是非一緒にやりましょう。

気になる事があれば、些細な事でもお問い合わせを

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK