Return to site

アパレル業界でのinstaglamの活用例

· DeepValley

こんにちはDeepValleyです。

今回はアパレルのブランドでは馴染みの深いインスタグラムのお話。

目的別にちょっと話していきたいと思います。

①ブランディング

世界観を統一する工夫は、アパレルブランドがインスタグラムを運用する上で必須です。

アパレルブランドにおいて必要なことは、投稿写真を通してその服に対するイメージをアップさせる工夫。

そのためには、同様のスタイリングや角度やロケーションなどばかりで撮られたものでは、魅力的に映りません。

一般ユーザーやインスタグラマーがアパレルの投稿をする中で、企業が同様に自社ブランド商品の紹介をするとき、そういった人たちの投稿との差別化が必要になります。

企業が投稿する際の求められる写真のクオリティがどんどん高くなる中、埋もれてしまわないためには様々な工夫が必要です。

例えば最近ではタグ映えなんて言葉生まれて来た様に、ハッシュタグの中でどれだけ印象に残るかなんてことも必要です。

②販促として

ブランディングや認知拡大ももちろんだけれど、販促に繋げていきたいと考える方も多いと思います。

インスタグラムでエンゲージメントの高い投稿に対する購買率が伸びることは実際によくあります。

インスタグラムの普段の投稿ではURLを記しリンク付けを行うことはできないと言う課題がありましたが、まだ対応は一部のサイトだけですが、SHOP NOWのボタンが実装されたことでより一層使いやすくなりました。

また、ストーリーではURLが飛ばせるという特徴を持つため、ストーリーを積極的に活用しているブランドも多いです。

現在ハイライト機能やアーカイブ機能が追加され、24時間という限定なく保存できるようになったストーリー。

ここを活用することでさらなる購買アップに導けます。

ECサイトにおいてインスタグラムからの画像を利用するのも手です。

ハッシュタグでユーザー投稿を収集し、その画像をECサイト上でも埋め込むという方法があります。

このハッシュタグで集められた多様なユーザーのスタイリング画像を使用することで、商品イメージがつきやすく購買に繋がります。

オリジナルのブランドハッシュタグ投稿を集めることで様々な一般ユーザーやインフルエンサーにおけるスタイリングを楽しむことができ、さらにそれをECサイトに掲載することで購買への流れを作ることができます。

また、ハッシュタグをフォローする機能が設けられたため、ブランドハッシュタグのついたユーザー投稿を増やすことで、日常的にそのブランドの商品を使ったスタイリングをチェックすることができそうです。

③ショッピング機能

最近追加された機能なんですけど、企業アカウントなどが投稿した商品写真の左下に表示されるショッピングアイコンをタップすると、写真内のそれぞれのアイテムに、商品名と価格が表示されるようになります。

商品をタップすると詳細を確認できて、気に入った商品があればその企業のECサイトで購入できるという機能です。

企業アカウントからショッピングマークのついている写真を選んで画像をさらにタップすると、製品情報が出て来ます。

さらに製品情報をタップすると商品画面になります。

そこから自社サイトに飛ばすという仕組みです。

最後に

このようにアパレルブランドにおけるインスタグラムの活用法について目的に合わせた施策をご紹介してきました。

1つ目として、ブランディングや認知拡大を目的とすればプロフィール画面における世界観を統一する必要があります。

そのためにはスタッフやインフルエンサーにより投稿素材を集めることで多様なスタイリングのコンテンツを実現すること。


自然光を使ったり、商品コンセプトに合わせた小物づかいをし投稿の質をあげること。

販促に繋げる場合にはリンクを飛ばせるストーリーを活用することやインスタグラムにおいて置き画を投稿しECサイトやカタログ上のコンテンツと差異を設けることでエンゲージメントを高くすること。

ECサイトに、インスタグラムにおけるハッシュタグで収集したコーディネート例やインスタグラマーのコーディネートを掲載するなどがあります。

インスタグラムと非常に相性の良いアパレルにおいて、様々な活用法を考えてみてはいかがでしょうか。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly